肥料/活力剤 > 風味や旨味、オイルの活力剤 > GH FloraKleen(フローラクリーン)946ml 肥料抜き剤-風味や旨みの最善に…



お支払方法
送料無料
お配送方法

商品カテゴリー

各メーカー


各種培養液の作り方
⇒BIO BIZZ配合/COCO Mix・Light Mix編
⇒BIO BIZZ配合/ALL MIX編
⇒GHE Flora配合目安/水耕編
⇒GHE Flora配合目安/土耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/水耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/土耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/水耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/土耕編
⇒canna配合目安/水耕栽培編
液体肥料について
⇒液肥の選び方,有機/化成どっち?
⇒開花促進剤で生長をコントロール。
⇒アミノ酸肥料の効力!!
⇒発根促進剤の効力/検証してみた
炭酸ガスについて
⇒炭酸ガスと光合成について
培地について
⇒ロックウールの紹介
⇒スポンジの紹介
⇒ハイドロボールの紹介
pH値について
⇒PH値測器の使い方
⇒なぜPH値を測定するのか?
⇒培養液のPH値を適正に調整する
発芽・育苗について
⇒ヒータマットの使い方!!
⇒寒い時期の植物育成
水耕栽培キットについて
⇒水耕栽培システムの紹介
⇒酸素補給は水耕栽培に大事
⇒システムによって変える培地
⇒エアレーションシステム編
⇒ドリップシステム編
⇒エアロポニックシステム編
植物育成ライトについて
⇒LED,蛍光灯,MH/HPSの比較
⇒植物育成ライトの選び方
⇒グロウボックスと換気ファンの関係
⇒リフレクターの選び方
⇒植物栽培に適した、脱臭フィルター
水耕栽培について
⇒水耕栽培のながれ
⇒定植の仕方
⇒クローン栽培の方法


 
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品詳細

GH FloraKleen(フローラクリーン)946ml 肥料抜き剤-風味や旨みの最善に…



商品番号 GH FloraKleen 946ml
商品名 GH FloraKleen(フローラクリーン)946ml 肥料抜き剤-風味や旨みの最善に…
定価
販売価格 1,630円
税別価格 1,510円
メーカー
送料区分 送料別
配送タイプ 西濃運輸
在庫
ポイント 5%

数量:

GH FloraKleen(フローラクリーン)946ml 肥料抜き剤-風味や旨みの最善に…



商品の説明
GH FloraKleen(フローラクリーン)は収穫前に蓄積された肥料や老廃物を植物から抜く活力剤です。

風味を損なう原因になる葉のなかの窒素をタンパク質へと同化させ作物を大きくします。

実を引きしめて果実を甘くし、天然ハーブのエキスが自然な風味に仕上げます。

収穫した野菜やハーブの肥料臭さが気になる方へ絶対お薦め、効果絶大。

また、フローラクリーンは肥料を与えすぎた時の応急手当てとしても効果があります。



<使用方法>
培地:水耕(ロックウール・ココヤシ・NFTなど)
使用量:水4リットルに対して5〜10mlのフローラクリーン
使用時期:全ステージ(発芽期・生長期・開花期・収穫期)
頻度:培養液交換時(2週間に1回)
注意点:若い植物、か弱い植物には薄めに、成熟した植物、収穫前の丈夫な植物には濃いめに調合します。
調合した液体をリザーバーに入れて1〜2時間ほど水耕栽培装置を循環させます。
新しい培養液を入れる前にしっかり洗い流してください。

培地:土耕・養液栽培(コンテナ栽培・花壇など)
  使用量:水4リットルに対して5〜10mlのフローラクリーン
使用時期:全ステージ(発芽期・生長期・開花期・収穫期)
頻度:水まき時
注意点:いつもの水まきの要領でポットの下から水が流れ出てくるまで注ぎます。
 収穫2〜4日前になったら最終リーチング(肥料抜き)を行ってください。

収穫前のリーチング(肥料抜き)
古い培養液は排水して捨ててください。
使用量:水4リットルに対して10mlのフローラクリーンリザーバーを調合液で満たして、収穫前の1〜2日間循環させます。
  • 蓄積した肥料塩基分を溶かします
  • バランスを崩す過剰な養分からのストレスを減らします
  • 植物内での養分の詰まりを修正して、養分の固着を解消します
  • 収穫前の最終リーチングとしてフローラクリーンを使うと追熟して糖度があがります
  • どのような用土・装置で使用されても植物に害はありません


 

水耕栽培アイテムの売れ筋から選ぶ

植物育成ライト関連RANKING
おススメ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
Green LED ハンディーライト 夜間(消灯時)に植物を観察するためのLEDライト SODATECK LED PRO 270 光合成有効放射率が史上最高の植物育成LED ActiveEye LED GrowRoom Lenses LEDの照明下で植物の色を見れるレンズ SunBlaster LED Strip Light 18W (47.4cm) 苗やクローン栽培に最適


LED選びは照射範囲と天井の高さでチョイス!!
LEDを選ばれる際に必要なのは照射範囲と天井の高さです。LEDライトは真下に対して強い光を放ちます。
植物が成長していくにつれ、天井が低いとライトとの距離が縮まってきます。それにより、葉焼けを起こしてしまう事があるのです。
LEDを設置する天井が低い場合は、高いワット数のLEDを設置するのではなく、弱いワット数の植物育成LEDを複数台置くのもありです!!

植物育成LEDライトのカテゴリーはこちらをクリック

植物育成ライト(HPS)連RANKING
おススメ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
ActiveEye HPS GrowRoom Lenses HPSの照明下で植物の色を見れるレンズ 植物育成ライト NanoLux OG600W + Cool Tube Reflector Φ100mm SET LUMii SOLAR Fixture 315W HIDランプ史上、もっとも植物の栽培効率が高いランプ 植物育成ライト Sodateck ZERO 1000W ダブルエンドライティングシステム


交換球はグレードや交換頻度によって収穫量が変わるのをご存知ですか?
各ブランド、電球の種類で耐久性や寿命がありますが、電球が切れるまでお使いになる方も多いようです。
ある方は、1クールで電球を変える方や2〜3クールで変える方がいらっしゃいます。
当店では電球が切れる前に半年ぐらいで電球は変えていただくことをお勧めしております。
植物育成ライト(交換球)と収穫量に関するPOINT!! その理由は植物育成ライト(電球)には植物栽培に適した波長というものが出ています。しかし、長期間使っているとその波長が狂ってしまうことがあります。この波長がくるってしまうと、安定的に植物の栽培ができなくなります。

例えばトマトの実が前のクールでは大きかったのに『今回は小さい実しかならないな?』『花が鮮やかに咲かないな?』など思った時には植物育成ライト(電球)の波長が狂っているかもしれません。

そんな時に電球を交換したり、今まで使っていた電球よりグレードアップしたものに変えたら今まで以上に大きいトマトの実がなったり、収穫量が上がったり、大きく鮮やかな花が咲いたといったケースが多くあります。


植物育成ライトセットのカテゴリーはこちらをクリック

植物育成蛍光灯 RANKING
おススメ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
植物育成ライト(蛍光灯)GROW BLUB 250W 2700K 開花期用 植物育成ライト(蛍光灯)コンパクトワーム250Wセット 植物育成蛍光灯 Sunbaster T5HO 4FT(120cm)リフレクターSET クローン/育苗に最適 植物育成ライト(蛍光灯) HYDRO FARM T5 60cm/4TUBES 育苗やクローン栽培に最適


狭いところでも対応出来るサイズがあります!!
蛍光灯を選ばれる際に必要なのは設置範囲です。蛍光灯の使用方法の多くは育苗やクローン栽培です。
すでに室内栽培をされている方は、通常栽培(開花期)と分けて栽培する事を考えなくてはいけません。(育苗と開花が違う波長のライトの為)
そういったときに、様々なサイズのある植物育成蛍光灯はとても使い勝手がいいのでサイズ選びにはとても便利です。

植物育成蛍光灯のカテゴリーはこちらをクリック

水耕栽培キットRANKING
おススメ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
クローン専用水耕栽培キット Sodateck ミストクローン-最大8株まで栽培可能 水耕栽培キット Sodateck DWC ハイドロ-Deep Water Culture(DWC)システムで生長速度増 水耕栽培キット WATER FARM ドリップシステムで大きい植物も栽培可能!! Emily's Garden System エアレーションシステムの水耕栽培キット 最大6株まで可能



水耕栽培キットのタンク(根が入る所)のサイズは育てる植物の大きさで選んでください!!
トマトなどの果菜類は実がつく頃には10Lのバケツに根がびっしり詰まるくらいになります。
水耕栽培キットのタンク(根が入る所)が小さいサイズだと根の行き場所がなくなり生長が止まってしまいます。
タンク(根が入る所)が小さいサイズ=葉物野菜もしくは育苗用の水耕栽培キットになります。
育てる植物で水耕栽培キットのサイズをお選びください。

水耕栽培キットのカテゴリーはこちらをクリック

液体肥料関連商品RANKING
おススメ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
Dutch Formula 1L オランダ産 3液性タイプの液肥 3本セット GH フローラ 3.78L Gro/Bloom/Micro 3本セット 水耕栽培肥料の世界水準 BIO BIZZ Series 1L お得な3本セット 100%オーガニックの液体肥料 CANNA AQUA 1L セット ベース肥料の生長期用VEGAと開花用Floresのセット


肥料の選び方は、水耕にするのか土耕にするのか、はたまた培地で肥料を選ぶ?
肥料の種類には水耕栽培用やココヤシ栽培用、土耕栽培用の専用肥料があります。
使う培地や栽培方法で選ぶ肥料も変わってきますので、培地込みで検討する事をお奨めします。
当店では、土耕用の有機肥料やpHが安定する肥料、初心者向けの1液性など様々な肥料を取り揃えています。
そして、より良い結果を残すには肥料プラス活力剤は不可欠です。
活力剤は肥料だけでは補えない栄養素があり、花が鮮やかに咲いたり、実が大きくなったり、甘くなったりします。

肥料のカテゴリーはこちらをクリック

生長促進剤関連商品RANKING
おススメ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
Enzymes+(エンジメスプラス) 250ml 新陳代謝を活発化させる肥料吸収促進剤 SUPERthrive 120ml(スーパースライブ)世界中で80年定番の必須ビタミン群植物用活力剤 GH Floralicious Plus 237ml 植物の茎は太くなり開花を促進して果実を肥らせる活力剤!! BIO HEAVEN 250ml(バイオヘブン)生長〜開花期まで使用するオーガニック活力剤


生長促進剤も使い方ひとつで結果が変わる!!
一般的な生長促進剤の使い方は肥料+生長促進剤ですよね、
でも今、欧米で流行っている培養液の作り方は肥料+活力剤+PK剤なんです。
PK剤は開花期専用が多いですが、生長期用もあるので一緒に使うとより高い結果に
繋がる可能性もありますので、PK剤も是非合わせてご覧になってください。

生長促進剤のカテゴリーはこちらをクリック

開花促進剤 RANKING
おススメ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
開花ブースター バイオバド BioBud 946ml 爆発的開花とズシリとした果実を生み出す活力剤(土耕用) 開花促進剤 B'cuzz Bloom Stimulator 946ml CannaBoost 1L 風味と味わいを飛躍的に向上させる開花ブースター Growth/Bloom Excellarator(グロウ/ブルームエクセラレイター) 1L 開花促進剤


開花促進剤の使い方ひとつで結果が変わる!!
一般的な開花促進剤の使い方は肥料+開花促進剤ですよね、
でも今、欧米で流行っている培養液の作り方は肥料+活力剤+PK剤なんです。
PK剤は開花期専用が多く、良くあるのが開花前期と後期に分かれたPK剤です。
肥料+活力剤+PK剤と一緒に使うとより高い結果に繋がる可能性もありますので、
PK剤も是非合わせてご覧になってください。

開花促進剤のカテゴリーはこちらをクリック

PK剤 RANKING
おススメ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
水耕栽培ラインキングのイメージ
Grotek Monster Bloom 130g 花や果実を爆発的に増加させるPK剤 Advanced Nutrients BIG BUD 100g 花や果実を爆発的に増加させるPK剤 GH リキッド・クールブルーム946ml 開花を劇的に促進し収穫量を増大させます!! ATAMI Bloombastic325ml 収穫物の糖度、香りを増加させる開花期に使用するPK剤

肥料と植物活性剤とPK剤で更に収穫の結果を残す

今、農業先進国であるオランダやアメリカ、カナダでは従来の基本肥料と植物活性剤に加えてPK剤も一緒に使用して収穫や品質を向上させる方法が主流となりつつあります。
実際、各種肥料メーカーも基本肥料・植物活性剤に加えPK剤の商品数が多くなってきており、PK剤の注目が集まってきています。
PK剤と活力剤の違いは車に例えるとPK剤はガソリンで活力剤はアクセルになります。合わせて使用する事でより効果が高くになります。
使用方法は同じメーカーで揃える方や生長期や開花期で各メーカに分けて植物活性剤やPK剤を使用する方もいます。

※多メーカーの植物活性剤とPK剤を使用する方は、ある程度栽培経験積み肥料濃度をうまく調整出来る方へ推奨いたします。


PK剤のカテゴリーはこちらをクリック