水耕栽培と土栽培のトマト栽培比較の 最終収穫

2月 3rd, 2017

 

家庭菜園、水耕栽培、トマト栽培、種植え

野菜栽培士がおススメする

トマトを室内で水耕栽培と土栽培の成長比較

トマト収穫の様子

 

wp1021

 

前回の記事

トマトを植物育成LEDを使って水耕栽培と土栽培の成長比較 定植後65日  トマト収穫】では

 

室内で植物育成ライトLEDを使って

wp872wp848

 

 

室内栽培では活躍するグロウボックス内で

wp873wp650

 

水耕栽培土栽培のトマトの成長比較をするために

種植えや土や水耕栽培キットで栽培していきました。

 

 

今回は

水耕栽培と土栽培のトマト栽培の

最終収穫までを紹介していきます。

 

 

この写真は定植後77日目の

左が土栽培、  右は水耕栽培です。

wp1021

 

 

 

冬時期の栽培で、温度管理に失敗し葉の調子が悪い中

wp1025

 

こんなように実は付き、赤くなってくれています。

wp1050

 

 

そんな中

ここ数日、培地にコハエの卵が産み付けふ化してしまいました。

こんな時にはオーガニック害虫忌避剤

Azamax アザマックスを使っていきます。

wp1042

このアザマックスはオーガニックなので気軽に安全に使用できます。

また、他の肥料と混ぜて使うこともできますし、

このまま使うこともできます。

最初は薄めに培養液を与えたほうが良いいので

1リットルにつき1mlを薄めて散水しますが、

作った培養液はこんな白色になります。

wp1043wp1044

 

wp1046

害虫の活動が旺盛な場合は5日~7日ごとに

基本的には10日~14日間隔であたえていくと

2回ぐらいで、

びっくりするほど害虫がいなくなってくれます。

 

また、葉に害虫がついてしまった時にはこのようにスプレーもできるので

使い勝手の良いオーガニック害虫忌避剤です。

wp1047

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 

この写真は定植後87日目の様子で

wp1049

 

トマトが赤くなっています。

wp1051

 

10日に一回は収穫を楽しんでいます。

wp1054

 

栽培しているのは中型トマトなのですが、

大ぶりなトマトが収穫できたいます。

wp1055

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

そこそこ収穫は楽しみ

栽培を終了しようと思っていたので

最後は水をまるっきり与えず、

最後の収穫をしていこうと思っています。

フルーツトマト農家の方は与える水をコントロールをして

甘いトマトを栽培しているようです。

 

水を与えず2週間ぐらいすると

このように葉が枯れ落ちてきました。

wp1056

 

そんな中でもトマトの実が赤くなってくれます。

wp1057

 

 

wp1058

 

全体的に

トマトが赤くなってくれたので最後の収穫をしていき

wp1061

 

水を与えていた時期に

比べれば小ぶりですが

5.5cmのトマトが収穫できました。

wp1068

 

切ってみると

種を覆っている水分の所が多いように見えます。

水を制限したので

実に水分を蓄えようとしたのでしょうか?

wp1070

 

これが水をしっかり与えていたトマトの断面です。

wp1031

 

食べてみると

糖度計はないので数値には表せませんが

水分を調節したせいなのか甘いトマトが収穫できました。

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 

さて栽培期間は定植後

最終的には125日間でした。

土栽培では20個のトマトを収穫し、

水耕栽培では65個のトマトを収穫出来ました。

wp1053

 

 

 

これは最終的な土栽培とトマトの苗です。

wp1071

 

 枝の高さは70cmぐらいでした。

wp1074

 

 鉢から土を抜いてみると

根が張っていますが

もう少し多くの根が張ってほしい感じです。

wp1075

 

wp1078

 

 

 

 

 そして、これは最終的な水耕栽培とトマトの苗です。

wp1082

 

 枝の高さは100cmぐらいでした。

wp1085

 

 

 根はそこそこ生えていました。

wp1086

 

 この水耕栽培キットはハイドロボールを使っていますが

ハイドロボールにはびっしりと根が張っています。

wp1089

 

 このように土栽培と水耕栽培で同じ環境で

栽培比較をしていきましたが

やはり、

水耕栽培のほうが枝の長さも、根の量も成長してくれて

何より、収穫量が3倍強多く収穫できました。

 

しかし、水耕栽培は成長は早いですが

何か病気になった時や、

葉やけが起こった時にはダメージの進行も早いです。

土栽培は成長は

ゆっくりですがダメージの進行もゆっくりなので

カバーがしやすいといった利点もあるのも事実です。

ですので、

栽培する方次第で選んでいただけたらと思います。

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ          

 

アメブロ記事に戻る