トマトを植物育成LEDを使って水耕栽培と土栽培の成長比較


  • RSS フィードで購読
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭菜園、水耕栽培、トマト栽培、種植え

野菜栽培士がおススメする

トマトを植物育成LEDを使って

室内で水耕栽培と土栽培の成長比較

 

wp848 

 

今回は室内で植物育成ライトLEDを使って

 

室内栽培では活躍するグロウボックス内で

水耕栽培と土栽培の成長比較をしていきたます。

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

まずは種上からですがスタートしたのは

9月上旬のまだ残暑が少し残っている時期です。

 

まずは種植えようの培地

スポンジ2種、ロックウール)を用意しました。

wp554

 

 

まずはロックウールです。

wp101wp556

 このロックウールの特徴は

保水性が良いので乾きにくくなっています。

 

 

最後にスポンジです。

wp228wp559

この種植えスポンジはコストが安いのが良い所ですが、

排水性が良いので、

水を含ませるのに少しコツがいります。

 

 

さて今回、栽培するのは中玉トマトです。

wp566

 

 

さっそく種植えをしていきます。

 

まずはロックウールです。

wp577

 

穴に種を入れて

wp580

  

水で濡らしていくだけです。

wp582

wp584

 

 

 

最後に排水性が良いスポンジです。

wp563

 

このスポンジも切れ目は入っていますので

wp567

 

そこにトマトの種を置き軽く押し込みます。

wp570

 

このスポンジも水で濡らしていくのですが

wp571

 

 

排水性が

良いスポンジなのでタッパなどの容器に水を張って

wp574

 キッチンペーパーなどの

厚手の物をスポンジの上に置いて

 

水を含ませて乾燥を防ぎます。

wp575wp576

 

 

 

そして、暗くて25度ぐらいの環境に保管していきます。

wp592wp599    

wp600wp601

 

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 

 

 

7日程度で発芽してくれます。

wp610    

wp811

 

 

 

植物育成ライトで光合成させていきますが

wp866wp611

この時期は強い光だと葉焼けの可能性があるので

45Wの優しい植物育成ライト

苗を大きくしていきます。

 

 

 

10日後ぐらいたつと本葉が出てきます。

wp612

このぐらいの時期になると根が発達してきますので

いったん中間のサイズの鉢(Pot)に定植していき

根をもっと増やし、苗も大きくしていく手間をかけると

いきなり大きな鉢や、水耕栽培キットに抵触するより

トマトの苗にダメージがかからず、

成功率が上がっていきます。

 

wp868

wp812wp813

 

 

今回は水耕栽培と土栽培の成長比較ですので

 

まず土はBio BizzのAll Mixを使っていきます。

wp869wp824

 

このオールミックスは

植物の生育に最も優れたオーガニック培養土で、


屋外栽培、室内栽培を問わず、あらゆる種類の

鉢植え植物/花/ハーブ/植木/芝に使えます。

 

はじめて使用する場合、まず水だけをやって36時間、

土壌の温度は温かめに保ち置いておくと

含有する微生物が活動を開始します。

wp714

 

その後ポットに移し

wp814

 

苗を培地ごと(スポンジ、ロックウール)

wp816

 

土(オールミックス)で覆っていきます。

wp817

 

 

余談ですが、

この小さい苗の時期は多くの栄養を必要とはしません。

 ですのでオールミックスのような

多くの栄養分が入っている土だと苗が

肥料焼けすることがありますので肥料分の少ない

ライトミックス

COCO MIX (ココミックス)

で行うのもおススメです。

wp870

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 

次に水耕栽培用の苗を定植して行きます。

 

水耕栽培用の

トマトの苗はハイドロボールを使っていきますが、

 このハイドロボールは

使う前に水でしっかり洗ってから使います。

wp818

 

ハイドロボールも土と同様に

培地ごとおいてハイドロボールを流し込みます。

wp819    

 

wp820

 

  

ハイドロボールは排水性が良い特徴がありますので

下皿に水を張っておいて

wp821

 

wp822

 

ハイドロボールを乾燥しないようにします。

 

発根を促進したいので、この時使う水は

 発根促進剤 ラピッドスタート

混ぜた溶液を入れていきます。

wp876wp766

混ぜる量は薄めの1リットルの水に対して

0.3ml混ぜました。(※これはあくまでも目安です。)

 

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

さて、これからは本格的な栽培環境を作っていきます。

 

使うのは室内栽培で活躍してくれるグロウボックス

 

今回はSODATECK GREEN ROOM

(ソダテック グリーンルーム) M(100x50x180cm)を使います。

グロウボックスは保温性があり、

(夏場は換気などで温度を調節します)

植物育成ライトの光を

反射させ無駄なく植物に届けてくれます。

wp654     

 

wp650

 

 

また、グロウボックス内に

インラインファン、エアーフィルターを設置できます。

これらは、空気清浄フィルターの役割を

はたしてくれますので 臭いを完全消臭し

花粉やカビ菌ハウスダストを軽減してくれます。

wp674

 

wp874wp875

SODATECK In Line Fan Φ100/150㎜ 

SODATECK エアフィルター 

 

グロウボックスやインラインファン、

エアーフィルターの詳しいい組み立て方や設置は

グロウボックス(室内栽培ルーム)の組み立て方】を

覧ください。

 

 

 

次に

グロウボックス植物育成ライトLEDを設置します。

wp685

 

 

wp664

 

wp809

 

今回使うのが

ソダテック LED ウルトラ 340Wを使います。

wp872

 

この植物育成LEDは今までは

3Wの電球チップが主流だったところを

5Wの電球チップを使うことで光の広がりが良く、

また、植物の下部まで光を届けてくれます。

Sodateck ウルトラ はスイッチひとつで

成長期/開花期に応じた

最適なカラーバランスを照射します。

成長期には青色や白色の割合を

多くして葉や茎を丈夫に育て、

開花期に赤色や赤外線を追加して

花や実の生長を促進します。

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

 

さて、

トマトの苗が下の写真のように15cmぐらいになって

 根も多く発達してきたところで

 大きな鉢や水耕栽培キットに定植していきます。

wp834    

 

wp835

 

 

 

まず水耕栽培で使うのは

 WATER FARM (ウォーターファーム)を使います。

wp871wp690

この WATER FARM (ウォーターファーム)には

ベース肥料のGHフローラ 473ml3本セット

エアーポンプ、エアーチューブ、ハイドロボール9Lが

付属していますのでれ一台で水耕栽培がスタートでき、

初心者の方や上級者の方までお使いにおなれます。

 

 

組み立て方は簡単です。

 

まず、養液チューブを本体にはめ込み立てます。

wp693    

wp694

この養液チューブは水位計になっていますし

下に向ければ水を排せつしてくれます。

 

 

 

次に本体に茶色のパーツをはめます。

この茶色のパーツはハイドロボールを

入れて苗を定植する場所です。

wp696

 

 

下には水が

下のタンク部分に落とすために穴が開いています。

wp697

 

 

これは、セット内容には含まれていませんが

エアーチューブを上から通して

wp829

 

 

水がたまるタンク部分にエアーストーンを

置くとエアーレーションシステムにもなります。

これは上部の茶色の部分の穴から植物の根が

タンク部分に伸びていきますので

下でエアーを加えると、より成長を促進できます。

wp830

 

 

 

セット内容の話に戻りますが

写真のような輪を本体にさします。

この輪から下部のタンクから水を

くみ上げポタポタと水を垂らすパーツです。

wp833

 

 

よく水洗いをしたハイドロボールを入れ

wp700

 ※ハイドロボールは使う前に

しっかり水洗いしてから使います。

 

トマトの苗を定植します。

wp837

 

 

 

輪の部分にチューブを差し込み

wp709

 

エアーポンプに接続します。

wp708

こうすることで

クリーム色の下部のタンク層に空気を送って

水を逆流させて輪っかの部分から

水をポタポタト垂らしてハイドロボールや植物の根に

水分を補充してくれる作りになっています。

 

その逆流させる水は

液体肥料を使って培養液を作っていきます。

wp765

 

まずはウォーターファームに付属されている

GH フローラ 473ml Gro/Bloom/Microを使います。

wp761

 

 

 

このウォーターファームは

循環式の水耕栽培キットです。

 

肥料を混ぜる量は

この時期は薄めのほうが良いと思いますので

 

wp770wp768wp771

 1Lの水に対して 

Gro 0.3ml /Bloom 0.3ml /Micro 0.25mlを混ぜました。

この分量はあくまで目安です。

 

このベース肥料の

GH フローラ 473ml Gro/Bloom/Micro

だけでも良いのですが

植物活性剤を合わせて

使っていくとより成長を促進できます。

 

 

そして発根剤の発根促進剤 ラピッドスタート

混ぜる量は薄めの

1リットルの水に対して0.3ml混ぜました。

(※これはあくまでも目安です。)

wp766

 

 

GH ダイヤモンドネクターも混ぜますが

これは植物の根の栄養吸収を速めます。

薄めの1リットルの水に対して0.6ml混ぜました。

(※これはあくまでも目安です。)

wp773

 

 

GH Floralicious Plusも混ぜますが

これは養分の吸収・分解を促進して

光合成を助け、代謝・生長を高めます。

薄めの1リットルの水に対して0.12ml混ぜました。

(※これはあくまでも目安です。)

wp877

 

 

 

GH FloraBlend(フローラブレンド )も混ぜますが

これは頑丈で健康なたくましい根をつくります。

強い免疫力をつけて病気に強くなります。

花数が増えて重量感のある

香り高く風味豊かな果実が得られます。

薄めの1リットルの水に対して1.3ml混ぜました。

(※これはあくまでも目安です。)

wp774

 

 

 

完成した培養液の

pH(ペーハー)測定器で測ってみます。

トマトの栽培適正pH値は弱酸性の

5.2~6.5ぐらいの数値になればOKです。

wp775

 

数値は6.01なので合格ラインでした。

数値を合わせることで植物に

栄養を効率良く届けることができるので

成長が早くなる特徴がありますのでこのpHは大切です

wp778

 

 

 

土栽培のほうは

土はBio BizzのAll Mixを使っていきます。

wp869wp824

 

 

鉢はAeroPot/エアロポットの10Lを使います。

wp867

 

布製ポットなのですが、

とくに室内栽培に適した薄さと強さになっています。

 

耐久性・耐薬品性ともに高く、

土を入れたまま引っぱっても破れません。

 

通気性に富んだエアロポットはポット全表面から

培地へと酸素が豊富にいきわたり、

ポットの底部や壁面でジメジメした加湿状態を

起こさないので植物の根にとって、

ストレスの少ない理想的な発達環境をつくります。

 

 

wp838

 

 

グロウボックス内にセットして完成です。

wp841  

 

wp848

 

 定植したばかりなので

あまり強い光ではないほうが良いので

トマトと植物育成LEDとの距離を76cmにしました。

環境や温度によって

この距離は変わってきますので、これは目安です。

wp844

 

 

 

 

 

さて、定植直後は水耕栽培のトマトの苗は20cm

wp846

 

 

 

定植直後は土栽培のトマトの苗は20cm弱で

wp847

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

定植した1週間後

温度は27℃、 湿度42%でした。

湿度が少し低いです。

50%をを下回らないようにしたほうが

葉焼けの心配が軽減できます。

wp852      

 

wp851

 

 

水耕栽培のトマトの苗は30cm

wp854

 

 

土栽培のトマトの苗は24cmになっていました。

wp855

水耕栽培のほうは成長が今のところ早いようです。

 

 

 

 

栽培環境の

グロウボックス内の温度も下がってきましたし、

少し徒長気味にも見えますので

トマトと植物育成LEDとの距離を

60cmに狭めていきます。

wp862  

また植物にダメージを

与えないように徐々に距離を狭めていきます。

 

 

wp865

 

 

次回に続き来ます。

 

 

今回は使いませんでしたが

SODATECK ソダテックの

新作の植物育成LEDがあります。

植物育成LED 【SODATECK LED PRO】は

アメリカのノースカロライナ州に本社を

置くLEDチップの

トップブランド会社【CREE】と

ドイツのベルリンに本社を置くLEDなどの

光半導体、蛍光ランプ、白熱電球の

トップブランド会社【Osram】に

植物育成用のLEDを特注し、

Sodateck独自のノウハウで構成しコストを

度外視した完全プロ仕様の植物育成LEDです。

 

 

SODATECK LED PRO 180

光合成有効放射率が史上最高の植物育成LED

 

 

SODATECK LED PRO 270

光合成有効放射率が史上最高の植物育成LED

 

 

SODATECK LED PRO 360

光合成有効放射率が史上最高の植物育成LED

 

 

SODATECK LED PRO 720

光合成有効放射率が史上最高の植物育成LED

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ          

 

アメブロ記事に戻る

 

 

 

 



Posted: 金曜日, 9月 16th, 2016 @ 6:37 PM
Categories: 植物育成ライト, 水耕栽培って?, 水耕栽培キット.
Subscribe to the comments feed if you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする‼