夏野菜を室内植物育成ライトと太陽光栽培で生長比較


  • RSS フィードで購読
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭菜園 水耕栽培

野菜栽培士がおススメする夏野菜の育て方

 

5月21日で

外は21℃/12℃で 室内22℃前後でした

 

 

夏野菜の種を5月3日に種植えし

水耕栽培用の夏野菜の種植えを完了しました。

夏1

その10日後に発芽してきた

トマト、メロン、スイカ、きゅうり、ナスを

植物育成ライトと水耕栽培キットで育てる夏野菜

 

植物育成ライト(生長期用)と

太陽光で生長比較をするために

 

別々に育ててきましたが

ライト25

ライト23

発芽から8日後はこんな感じになっています。

 

まずは植物育成ライト(生長期用)の元で室内水耕栽培

育てるつもりでライトを16時間~18時間

ライトを付けて育てている物は

温度と湿度を保つため

育苗保温器で温度を確保しています。

夏野菜1

夏野菜3

 

 

トマト

夏野菜5

少し本葉が出てきました。

 

 

ナス

夏野菜4

 

 

 

メロン

夏野菜6

 

 

 

 

きゅうり

夏野菜7

少し本葉が出てきました。

 

 

 

スイカ

夏野菜8

少し本葉が出てきました。

 

 

 

 

そしてベランダで太陽光栽培をしようと思って

窓際で苗を育てている物は

夏野菜9

 

 

トマト

夏野菜13

 

 

ナス

夏野菜12

 

 

メロン

夏野菜11

 

 

 

きゅうり

夏野菜10

 

 

 

スイカ

夏野菜14

 

 

 

生長速度を植物育成ライトと太陽光で比べてみると

まだそんなに差は出ていませんが、

植物育成ライトの方が

少し本葉が出るのが早かったかもしれませんね。

 

 

そして今日の仕上に発根を促進させて

今後の苗が健康に育ってもらうために

オーガニック発根促進剤で水分補給していきます。

行者ニンニク50

この発根促進剤は苗の初期段階で

根が肥料焼けしないように薄く作っていきます。

 

説明には1ℓの水に対して1~4mlを溶かすと

書いていますが、1mlだけをよく溶かして

培地のロックウールスポンジに含ませていきます。

培養液20

完成した液体肥料を水に溶かした培養液はpH6.1の

弱酸性になってくれるので多くの植物に使え

栄養分が効率的に吸収されます。

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ       


 

アメブロ記事に戻る



Posted: 水曜日, 5月 21st, 2014 @ 6:32 PM
Categories: 夏野菜.
Subscribe to the comments feed if you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントする‼