植物栽培に適した、脱臭フィルター+換気ファンと空気清浄機の違い

Posted by begefru on 20th 2月 2014

  • RSSリーダー で購読する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

植物栽培に適した、脱臭フィルター+換気ファンと空気清浄機の違い

 

脱臭フィルターは活性炭が内蔵していて悪臭や揮発性化学物質を取り除いてくれて、

 

07151254_4e1fb9dfddc6c1 06281506_4e096f4d10a601
この脱臭フィルターの外側に是非、取り付けてほしいのが外気フィルターなのですが、

kanki3

これを取り付けることで、ホコリを本体側の脱臭フィルター装置に取り込まれずに寿命を延ばしてくれます。

 

この脱臭フィルター装置にセットしないといけないのが

 

one-speed   fan3

換気ファンですが、これは空気をくみ上げ、そして吐き出す装置なのです。

 

そして脱臭フィルター装置にセットする事によって脱臭フィルター装置から

system80

 

室内空気を換気ファンで吸い上げる時に悪臭や揮発性化学物質を取り除いてくれます。

 

ここまでの作用や効果は空気清浄機でも、あるよう機能ですが、

 

ここからが、植物育成に適した機械なのです。

 

脱臭フィルター装置と換気ファンを組み合わせた物に

sputnik2_alt_web
ダクトを付け植物育成ライトに装着出来る事が最大のポイントなのです。

 

植物育成ライトは、どうしても熱を発しますので、特に夏場などの室内は

 

蒸し風呂状態になります。

 

トマトやナスなどの夏野菜と言われている物ですら、

 

栽培適正温度は25℃~30℃となっていますが、

 

植物育成ライトの熱のおかげで35℃なんて、ざらに達してしまいますが、

 

脱臭フィルター装置と換気ファンを組み合わせた物に

 

ダクトを付け植物育成ライトに装着する事によって熱を逃がし、

 

室内の温度を抑える大きな役割をはたしてくれます。

 

これは、空気清浄機には出来ない機能です。

 

 

AIR-COOLED-new1  07151254_4e1fb9dfddc6c1 06281506_4e096f4d10a601
Φ125mm Air-Cooled Reflector PRIMAKLIMA Φ125mm Carbon Filter-LL (Φ125mm×60cm) PRIMAKLIMA K1704 Pre-Filter (for K1604)

 

one-speed-f1  02061630_511206a4187571 12031907_4b178dc93df0a1
PRIMAKLIMA Speed Control Fan Φ125mm(ファン) EASYGROW Φ125mm Combi Duct-L (Φ125mm×10M) Connecting Piece (Clamp)

水耕栽培キット,水耕栽培装置のbegefru greenfarm

 


水耕栽培 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村



22月

コメントする!!

1 / 11