寒い時期(春、秋、冬)の種植えや苗栽培、クローン栽培に活躍する育苗器の効果

Posted by begefru on 27th 10月 2016

  • RSSリーダー で購読する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

寒い時期(春、秋、冬)の家庭菜園、水耕栽培の

種植えや苗栽培、クローン栽培に活躍する育苗器の効果

 

 

寒くなってまいりましたが家庭菜園や室内栽培を行っている方も多いようです。

 

こんな寒い時期(春、秋、冬)では温度や湿度が確保できず

種植えをおこなっても発芽しなかったり、

クローン栽培をしようとしても発根が進まなかったり

苗を育てたくてもうまくいかないことが多いようです。

 

そんな時に活用していただきたい商品を紹介していきます。

 

 

まずは育苗箱(育苗器)です。

これは横53cm×奥行27.5cm×高さ25cmのサイズになっています。

 

ドームと水切りトレイ、トレイの3点セットなっていて

wp938

 

この水切りトレーは水やりしたときに余分な水分を

wp940

穴から下の

wp941

 

トレーに落としてくれて清潔に保つことができます。

wp942

 

 

そしてドームの上部は温度、湿度、空気調整が出来る機能がついてます。

wp943

横にも空気調整ができる窓がついていますので使いやすい作りになっております。

wp945

wp946

 

こんな感じに苗や種植えスポンジロックウールを置いてお使いください。

wp949

 

 

さて温度と湿度ですが、

ドームをかぶっせていない時には23℃、46%でしたが

wp951

 

ドームをかぶせると

wp952

 

26℃、65%に上がってくれます。

wp955

 

 

 

 

 

それでも温度が足りない時には

植物育成ヒーターマットをお使いになるともっと温度を上げることができます。

 

この植物育成ヒーターマットはリバーシブルになっていて

ブルー面は約20℃~23℃に保ってくれます。

wp947

 

ピンク面は約約28℃~31℃に保ってくれます。

wp948

 

 

育苗箱(育苗器)の下にひいて試してみると

wp956

 

31℃、65%に上がってくれます。

wp959

 

寒い時期(春、秋、冬)の家庭菜園、水耕栽培の温度や湿度管理に
お困りの方は参考にしてみてください。

 

 

 

水耕栽培 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ

にほんブログ村



1010月

コメントする!!

1 / 11