お支払方法
送料無料
お配送方法

商品カテゴリー

各メーカー


各種培養液の作り方
⇒BIO BIZZ配合目安/水耕編
⇒BIO BIZZ配合目安/土耕編
⇒GHE Flora配合目安/水耕編
⇒GHE Flora配合目安/土耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/水耕編
⇒GHE Flora DUO配合目安/土耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/水耕編
⇒ダッチフォーミュラ配合目安/土耕編
⇒canna配合目安/水耕栽培編
液体肥料について
⇒液肥の選び方,有機/化成どっち?
⇒開花促進剤で生長をコントロール。
⇒アミノ酸肥料の効力!!
⇒発根促進剤の効力/検証してみた
炭酸ガスについて
⇒炭酸ガスと光合成について
培地について
⇒ロックウールの紹介
⇒スポンジの紹介
⇒ハイドロボールの紹介
pH値について
⇒PH値測器の使い方
⇒なぜPH値を測定するのか?
⇒培養液のPH値を適正に調整する
発芽・育苗について
⇒ヒータマットの使い方!!
⇒寒い時期の植物育成
水耕栽培キットについて
⇒水耕栽培システムの紹介
⇒酸素補給は水耕栽培に大事
⇒システムによって変える培地
⇒エアレーションシステム編
⇒ドリップシステム編
⇒エアロポニックシステム編
植物育成ライトについて
⇒LED,蛍光灯,MH/HPSの比較
⇒植物育成ライトの選び方
⇒グロウボックスと換気ファンの関係
⇒リフレクターの選び方
⇒植物栽培に適した、脱臭フィルター
水耕栽培について
⇒水耕栽培のながれ
⇒定植の仕方
⇒クローン栽培の方法


 
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

水耕栽培キットのシステムの紹介

エアポンプからチューブを伝ってエアストーンから細かい気泡の酸素を

液体肥料を水に溶かした培養液に加えて植物の根を泳がせ栄養分を

吸収しやすくさせる培地に培養液が当たらない水耕栽培システムです。

おススメの培地は、どれもむいていてロックウール/スポンジ/

ハイドロボールとどれにも使いやすい水耕栽培キットです。

水耕栽培キットの中で唯一電源を必要としないシステムです。

下部の給水タンクから布のような物を伝って培地に

液体肥料を水に溶かした培養液を必要な分だけ吸収してくれます。

おススメの培地は土/ココヤシ/スポンジ/ハイドロボールで

保水性と排水性のバランスが良い培地がむいていて、ロックウールは保水性に優れているので

無駄な水分まで吸収してしまう可能性があるのでテクニックが必要です。

下部の給水タンクから自動で液体肥料を水に溶かした培養液を

ホースなどからくみ上げ培地に吸収され不必要な水分は下部の

給水タンクにポタポタと落ちていきそれをまたくみ上げて

培地や植物の根を培養液が通る水耕栽培システムです。

おススメの培地は土/ココヤシ/スポンジ/ハイドロボールで保水性と排水性のバランスが

良い培地がむいていて、ロックウールは保水性に優れている培地なので難しいかもしれません。

給水タンクからくみ上げた液体肥料を水に溶かした培養液を常時霧状に噴射、

その時に酸素を抱き込んでいますので、植物に栄養分が吸収されやすくなって

培地や植物の根を培養液が当たる水耕栽培システムです。

おススメの培地はスポンジ/ハイドロボールで保水性と排水性のバランスが

良い培地がむいています。

ロックウールは保水性に優れている培地なのでテクニックが必要です。

下部の給水タンクから自動で液体肥料を水に溶かした培養液を

培地を通らず根の部分を培養液が通るシステムです。

培養液は常時に循環しているので根にしっかり酸素が

行きわたり根を丈夫にし生長を促進させます。

おススメの培地は、どれもむいていてロックウール/スポンジ/ハイドロボールと

どれにも使いやすい水耕栽培キットシステムです。

各種システムで培地を選ぶ大きな判断は、培地に培養液や水が当たるか当たらないかです。

培地に水が当たるシステムの培地は排水性を重視したハイドロボールなどが適してます。

あとは吸水性に優れていても細かく刻んだロックウールやスポンジも使用できます。

培地には当たらず根に水や培養液が当たるシステムは吸水性を重視した培地でスポンジやロックウール

などが適してます。

吸水性が高い培地は、水が当たりすぎると根腐れや腐敗病を起こす恐れがある為です。


培地に水が当たるシステム…ドリップ / 噴射式

培地(排水性重視)⇒ハイドロボール、ココヤシ、スポンジ/ロックウール(細かくしているもの)



培地に水が当たらないシステム…エアレーション / 循環式 / セルフウォータリング

培地(オールマイティ)⇒ロックウール、スポンジ、ハイドロボール、土、ココヤシ